インナードライってどんな肌?

インナードライは文字通り肌の内側が乾いている肌状態ですが、肌表面は皮脂分泌が多くテカリを伴うため、自分がインナードライ肌だと気づかず脂性肌だと思っている方も少なくありません。
肌内部の水分や保湿成分が少なく、その水分蒸発を防ぐために肌が皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

 

しかし、顔の皮脂分泌が多いために脂性肌用のケアをしてしまい、肌内部の乾燥がさらにすすんでしまうことがあります。

インナードライ肌の特徴って?

  • 洗顔直後は肌のつっぱり感がある
  • 洗顔後の時間経過とともにベタつきを感じる
  • 肌に艶やハリがなくゴワゴワしている
  • 肌のキメが粗く毛穴が目立つ
  • ニキビや吹き出ものができやすい
  • 皮脂を取り除いても、またすぐにベタつく

どうしてインナードライ肌になるの?

洗顔時のこすり洗いや洗いすぎ

皮脂が多くてベタつくと、さっぱりしたくて洗顔時に強くこすったりして洗いすぎることがあります。またシャワーで洗い流したり、そもそもお湯の温度が高すぎたりと洗浄力が強すぎて皮脂を取りすぎてしまうのです。皮脂を取りすぎてしまうと、乾いた肌は水分の蒸発を防ぐためにさらに皮脂を過剰分泌してしまのです。

 

ピーリングによる乾燥

ピーリングやゴマージュのように、ターンオーバーを促すために古い角質を取り除く美容法は頻繁に行ってはいけません。くすみやニキビ改善のために頻繁にピーリングをする方もいますが、ピーリングは不要な角質だけでなく皮脂の潤いや必要な水分まで奪ってしまいます。また、肌の弱いかたがピーリングをすることで肌のバリア機能が弱くなり、水分蒸発につながってしまいます。

 

不規則な生活やストレス

睡眠不足や不規則な生活、偏った食生活やストレスなどが肌に及ぼす影響はとても大きく、過度の飲酒や喫煙などでも肌のターンオーバーは乱れてしまったり肌トラブルを起こしやすくなります。
ターンオーバーの乱れや肌トラブルによりデリケートな状態になってしまうことで、肌の内部の乾燥をすすめてしまう原因になります。

 

あぶらとり紙による皮脂の取りすぎ

肌がベタベタしたり脂浮きしてしまうと、つい使ってしまいたくなるのがあぶらとり紙。毛穴の奥の脂まで取れてスッキリするし、メイク直しの時にも重宝するので持ち歩いている方も多いのでは。
しかし、あぶらとり紙では皮脂を取りすぎてしまうのです。皮膚表面には水分蒸発を防ぐために適度な皮脂が必要なのですが、きれいさっぱり取りすぎてしまうことで過剰な皮脂分泌をまねいてしまいます。

 

空気の乾燥

秋冬の季節時に乾燥するのはご存じのとおりですが、実は夏も乾燥には気を付けなくてはいけません。それはエアコンによる乾燥です。エアコンの風により湿度が下がり乾燥した空気になってしまいますが、エアコンの風が直接当たる場所にいると、この乾燥はさらにすすんでしまいます。
しかも、家でのエアコンだけでなく外出先ではほぼ一年中エアコンがの風にさらされている状態です。

 

不十分な紫外線対策

春夏に紫外線対策を行っているかたは多いですが、実は秋冬も紫外線対策は必須です。紫外線といえばシミ対策だけを考えてUVケアを行ってしまいがちですが、紫外線には肌を乾燥させてしまう働きもあります。

インナードライを改善する方法は?

洗顔やクレンジングの洗浄力や温度に気をつける

洗顔時に強くこすったり皮脂を取りすぎないように、よく泡立てて包み込むように優しく洗い、洗顔料を流すお湯の温度も30〜35℃のぬるま湯でやさしく洗い流します。タオルで水分を拭き取るときも、肌への刺激をさけるためにこすらず優しく抑えるようにします。

 

肌への刺激を避ける

肌内部の水分を蒸発させないためには肌への刺激を避けることも大切。
一年中肌が乾燥する原因になってしまうエアコンの風も肌への刺激になるので、湿度r調節とともに風が直接当たらないようにする工夫も必要です。
また、過剰なピーリングは角質を取りすぎて乾燥を進めてしまうため控えるようにしましょう。

 

皮脂を取りすぎない

肌がベタつくからといって何度もあぶらとり紙などを使うと皮脂を取りすぎることになり、さらに皮脂分泌が盛んになってしまいます。皮脂を取るときはやわらかいティッシュで軽く抑えるようにし、皮脂を取りすぎないようにしましょう。

 

日常生活

皮脂の過剰分泌はストレスや食生活、睡眠不足などでもおこります。
糖分や脂分の多い食べ物を摂りすぎないようにし、タンパク質や脂質の代謝を助けてくれるビタミンBを積極的に摂るようにしましょう。
また、ホルモンバランスの崩れからくる皮脂分泌を起こさないためにも、過度な飲酒や喫煙をやめて適度な運動や睡眠を十分にとり、なるべくストレスをためないような生活をおくることも大切です。

 

 

40代のお肌に重要な保湿たっぷりオールインワン

トップへ戻る