理想的な肌の水分量とは

表皮の一番上にある角質層の水分量の理想は40〜50%といわれています。

 

しかし、保湿をした直後ならこういった数値もでますが、通常では約20〜30%の水分量があれば健康的な数値になります。
ですが、肌の水分量は見た目や手触りではなかなかわかりません。

 

スキンケア直後から水分はどんどん蒸発し、保湿の塗り直しができない就寝後から朝起きた直後の水分量を測るのは、肌の水分量を知る大きな目安になります。

 

自分の肌の水分量を測るにはスキンチェッカーなどの計測器が必要ですが、最近はコスメカウンターやドラッグストアのコスメコーナーなどでも測れることが多く、一度自分の肌の水分量がどれくらいなのかを測ってみることは、スキンケアを見直す大切な一歩といえます。

 

また、スキンチェッカーは油分や水分量を測るもので、数千円程度で手に入るものなので、今は自分で持っているかたも多いですね。

一つ持っていると便利な

人気のスキンチェッカーはコレ↓

美ルル belulu skin checker スキンチェッカー 肌チェッカー

新品価格
¥2,980から
(2018/11/16 05:25時点)

水を飲むことで肌の水分量を増やせる?

みずみずしい肌の女性に「美肌のために何をしているの?」と聞くと「水分を多く摂っている」と答えるようなシーンを見たことがありませんか?

美肌のために意識して水を多く飲んでいるという方も多いでしょう。

 

しかし、実は水分を多く摂取しても肌内部の水分量が増えるわけではありません。
肌が乾くのは、肌内部の保湿成分が減ってしまうから乾くのであって、水分摂取だけで美肌にはなれないのです。

 

また、冷たい飲み物は体を中から冷やして肌の代謝を低下させてしまうため、逆効果になってしまいます。
水を多く飲んでいるという美肌の方は、水を飲んでいると同時に健康的な食生活をしている人がほとんど。食べ物・飲み物に普段から気を遣っている人だからこそ水分も摂っているのであり、水だけに気を付けているわけではありません。

肌の水分量が減る原因

過剰な洗顔や洗浄力の高いクレンジング剤の使用

肌をキレイにしたい・皮脂を取り除きたいなどの理由で、一日に何度も洗顔を繰り返したり脱脂力の強いクレンジング剤を使用したりすることで、肌に必要な皮脂やセラミドを洗い流してしまうため、乾燥の原因や水分量の低下につながります。

 

夜の洗顔はある程度しっかりする必要がありますが、乾燥がひどい人は朝の洗顔をぬるま湯だけにしたり水洗顔にしたりと、必要以上の皮脂やセラミドを洗い流さないようにする必要があります。

 

加齢による原因

20代の頃と比べると、30代や40代になると肌のターンオーバーサイクルが長くなって細胞間脂質(細胞間脂質は角質層の中にある細胞同士の間をくっつけるようにし、体内からの水分の蒸発を防ぐ役割をしています。)の生産量が減ってしまったり、自分の肌の角質細胞内にある保湿成分、皮脂分泌量などが減ってきます。
これらの加齢による原因により肌の乾燥を徐々に感じるようになります。

 

気温の変化や室温の乾燥

空気が乾燥しやすい秋冬になると、部屋の中でもエアコンを使用するためにさらに空気の乾燥が激しくなります。また、エアコンの暖房機能だけでなく外気の風にあたっただけでも肌から水分は蒸発してしまいます。

 

紫外線によるダメージ

紫外線はシミの原因になるだけでなく、実は乾燥の原因にもなります。
紫外線は肌のバリア機能を破壊してしまうことで外気からの刺激を受けやすくなり、肌の水分が蒸発しやすい状態になってしまうことに。
春夏の紫外線対策はシミ予防のためだけでなく、肌の乾燥対策のためにも念入りに行う必要があります。

 

 

40代のお肌に重要な保湿たっぷりオールインワン

トップへ戻る